エゼキエル書

エゼキエル書(48章) 戦渦の中の真理の声  

内容 
この書は48章にも及ぶ大書で、エゼキエルはエルサレム陥落前、包囲中、陥落後の長期に渡って預言活動をした。エゼキエルに託された神さまのことばは厳しかった。これらの惨劇の原因は、神を神とも思わず勝手気ままに生きたことへの裁きだと迫るのである。
神様の警告のとおり、バビロンによって都エルサレムは陥落した。生き残った民は遠くバビロンへ強制移住させられた。これが古代史に名高いバビロン捕囚である。祖国敗戦の悲劇に加えて、二重の悲劇である。預言者エゼキエルも捕囚民の一人であった。

著者 ブジの子エゼキエル

私感
表面だけを見れば、外国の軍隊が攻めてきて国中が戦場となり、人民は生き死にの淵に追い込まれた、その最中に、これはあなたがたが神様に背いたせいだと詰め寄られたらどうでしょうか。すなおに反省できる余裕はないでしょう。かえって反抗心を抱きます。

しかし、神さまはエゼキエルだけに言わせたのではないのです。イザヤもエレミヤも悪に気づけよと語り続けました。神さまは救われるチャンスとありったけの愛を示されたのです。確かに逃れの道はあったのです。

イスラエルの民の経験は即私たちの姿であり、私たちへのメッセージです。繁栄に酔うときも苦難に喘ぐときも、神様はいつも大切な教えを語り続けておられます。しかし、今の時代、どこで真理のメッセージが聞けるのでしょう。聞きたいと願う人がどこにいるのでしょう。

 少なくとも、聖書は真理を語り、教会は真理であるイエス・キリストを示し続けています。
そして非常に少数派ですが、キリストに救われた神の民たちが、身をもって神のメッセージに生きています。

本書では、厳しいメッセージの後に、やがて、神さまはイスラエルを回復し、新しい神殿が建てられ、まことの礼拝が行われる日が来ると結んでいます。
『主はここにおられる』との最後の一節が希望の風の中で光り輝いています。

2023年01月25日