2004/11〜


クリスチャンペンクラブとは

日本クリスチャンペンクラブ(JCP)のホームページに、ようこそお訪ね下さいました。 日本クリスチャンペンクラブとは、「文は信なり」をモットーに古今のキリスト教文学やあかしの文章を読み、学び、書き、本にし、広げてゆく団体です。特に文章の書き方に力を入れます。 そのためにすでに作家になっている方、あかし文章を書きたいと志している方々が共に交わり、セミナーを開き、機関誌を発行し、全国の各ブロックで自主的な活動をしています。







ごあいさつ

**いつもJCPのホームページをお訪ねくださり感謝申し上げます。

** 立春とはよく聞きますが立夏の話題は少ないです。
しかし一年で一番爽やかで過ごしやすい時期ではないでしょうか。
昔、江戸では立夏から三日目ごろに牡丹が咲き、時鳥が泣き始めると言われたそうです。
 

**正岡子規の句



凛として/牡丹動かず/真昼中

寝床から/見ゆる小庭の/牡丹かな

鉢植の/花なくなりぬ/時鳥

時鳥/辞世の一句/なかりしや



今回も諸集会の案内や会員の作品を新しく
掲載しています。
ご高覧いただければ感謝です。

皆様の上に主イエス・キリストの恵みと平安を祈ります。


お知らせ

*三浦喜代子さんが、若松賤子(日本初の『小公子』翻訳者)の生涯を綴った小説「会津若松の火炎」を書かれ、その冊子が発行されました。 下のメニューの出版物をクリックするか、ここをクリックしてごらんください。


*下記に集会の案内をしています。お近くの方はぜひ参加下さい。



    ************
  ***関西ブロック例会
**  
とき*******2017年6月17日(土)1時から5時
ところ日本基督教団 千里ニュータウン教会 
大阪府吹田市高野台3-20-7
 06-6871-2519  
開会祈祷*
第1部講演
森鴎外「鎚一下(ついいっか)」の世界
=クリスチャン本間俊平夫妻のこと=
第2部あかし文章発表
2000字以内のものを用意ください。後日文集にします。当日ご用意いただく場合は各自で10部コピーして来て下さい。
指導:大田正紀
第3部今後の歩みについて**「種を蒔く」4号発行を終えて。
その他報告・連絡など
参加費500円
持参品讃美歌225『すべての人に』21)57 
『ガリラヤの風かおる丘で』の楽譜
出欠は6月11日(日)までに下記原田までお知らせください。
連絡先 原田 潔〒520-0822 大津市秋葉台17-23
 TEL 077-522-6171 Fax077-522-6178

  ********
********童話・エッセイの集い

とき*****6月24日(土)11時半〜
ところ*****交渉中
内容「湖」をテーマにした作品(原稿用紙20枚まで)の合評。
連絡先:〒131-0043東京都墨田区立花4−6−13
三浦喜代子 TEL,FAX(03)3616-8621
童話、エッセイに興味のある方はぜひご参加ください。








下にメニューが出ない場合はこちらをクリックして下さい
最終更新日:2017・5・28