***ヴォーリズ評伝



******著者名****奥村 直彦 
******出版先****(有)港の人 
******定価*******\3,780(税込) 
**********************内容要旨


**建築家として知られるW・メレル・ヴォーリズは、全国に教会、住宅、ミッションスクール等の優れた建築を遺しただけでなく、 「近江ミッション」(現・近江兄 弟社)を創立して地域の伝道、医療、教育、社会福祉に貢献し、製薬(メンターム)の利益でそれらを支えた、 自給自立の稀有な伝道者、教育家、実業家であり、ついには帰化して日本人「一柳米来留」となったアメリカ人である。
**折から2005年は彼の来日100周年に当り、その記念出版となった本書は、著者の長年の研究に基づく実証的で本格的な「ヴォーリズ評伝」として本邦最初のものであり評価の高い基本文献である。
**また彼が今日の日本に告げるメッセージを伝え、私たちの生き方を考えさせるものとなっている。


***********************購入連絡先
  (ハガキ)
〒248-0014鎌倉市由比ガ浜3-11-49(有限会社)港の人
          【tel】 0467-60-1374
           【fax】 0467-60-1375
          【e-mail】info@minatonohito.jp
          なお、全国のお近くの書店を通じて注文することも可能


BACK






***見はてぬ夢を



******著者名****山本 優子 
******出版先****燦葉出版社
******定価*****\1,575(税込) 

**********************内容要旨


**明治初期に生まれた左近允孝之進は、中途失明し、数々の苦難の中、聖書の神と出会う。
**39歳で病により召天するまでの数年間に、鍼灸治療の傍ら、日本初の点字活版印刷機を発明、教養教育に重点を置いた神戸訓盲院を設立、日本初の点字新聞「あけぼの」を刊行……と多くの働きに全力投球した。

************************購入方法
         全国の書店で取り寄せてください。
         あるいは 兵庫県立盲学校同窓会
              【tel】 078-751-3291へ


BACK






***死からの生還



******著者名****木村 隆一 
******出版先****だるま書房
******頒価*****\1,000(税込) 


**************内容要旨

**1999年4月。心臓の大動脈弁と上行大動脈を人工弁、人工血管に置換する手術を行った。 手術が終わろうとしたとき、心筋梗塞を起こし40日も意識不明に陥った。
**そのとき、妻や家族の昼夜を厭わない献身的な愛情と看護で、わたしは死の淵から生還することができた。
**5年の経過を感謝し、術前、術後の生活スタイルを綴ったもの。




BACK






***リピート・シンドローム

**リストカット、ドラッグ、摂食障害……少女たちの心の叫び


******著者名****土筆 文香(つくしふみか) 
******出版先****キリスト新聞社
******定価*****\900(税込) 

*****************内容紹介


**自分の意志とは関係なく、同じ行動を繰り返してしまうことをリピート・シンドロームと名づけました。
**この小説では、リストカット、ドラッグ、過食症を取り上げていますが、どれも根っこのところは同じ心理から出た行動です。
**主人公の七恵は、自分を捨てた母親に対する憎しみと、空しさを抱いています。母親への憎しみは、自分自身への憎しみとなり、自傷行為へと発展していきます。
**七恵は自分の存在を確かめるためにリストカットを繰り返し、心の空しさを埋めるためにドラッグに手を出してしまいます。
**七恵の友人美晴は、空しさを埋めるために過食症になり、自分の意志ではどうすることもできなくなります。
**どうしたらやめることができるのでしょう……。それは、自分自身を好きになること。 どうすれば好きになれるのかは、物語の中にヒントが隠されています。

**詳しくはhttp://www5f.biglobe.ne.jp/~tukushi/hon.html(本の部屋)をごらんください。

******************購入連絡先
   〒162-0814東京都新宿区小川町9-1
******キリスト新聞社
          【tel】 03-3260-6445
           【fax】 03-3260-6999
******なお、全国のお近くの書店を通じて注文することも可能
******オンライン書店amazon.セブンアンドワイでも注文可能


BACK






*喜び歌いつつ御前に来たれ

*************教会音楽家諸氏が語る賛美とは



******編集者名****佐藤一枝 
******出版先******一粒社
******定価*******\1365(税込) 

**********************内容紹介


**佐藤一枝姉が編集され、2005年11月に出版されました。教会音楽家諸氏が賛美について語り、また書いた証が掲載されています。
**天田繋氏の論文、論評。天田氏と稲垣俊也氏、遠藤久美子氏。天田氏と宇内千晴氏、内藤真奈氏のふたつの座談会。関屋裕子氏、高松紫音氏の対談。田中久美子氏、郷家清子氏の証が載せられています。
**天田氏は論文に『賛美は信仰告白である』『歌詞に感動して「アーメン」と心に思い浮かべながら歌えば、それは賛美となります』と賛美の神髄に迫ることを書かれています。
**座談会の中で『キリスト教は「言葉」の宗教です。賛美の「言葉」も正しく紡ぎだしていきたいものですね』と語る佐藤姉の言葉には、数々の聖歌の作詞をされてきた姉の想いがこめられているように感じました。
**行間から素晴らしい賛美曲が聞こえてきそうな本です。

*******全国のキリスト教書店で好評発売中
******いのちのことば社ホームページからも購入できます。



BACK






考えること




******著者名****駒田 隆 
******出版先******白い雲パブリケーションズ
**********************内容紹介


**ペンクラブの会員、駒田隆兄が、「考えること」、と題して自費出版されました。
内容は、教会関連の機関誌の載せたエッセイ、ペンクラブでの発表、教会でのメッセー ジ、聖研での「日本キリスト教史抄」で、A5版・204ページになります。
お読みになりたい方がありましたら、下記へ御連絡下さい(送料無料)
  〒315-0001   石岡市石岡2635-49    駒田隆




BACK





*わが旅路の歌

*********************創作賛美の実際と宣教の現状



******編著者名****佐藤 一枝 
******出版先******一粒社
******定価*******\1365(税込) 

**********************内容紹介


**「喜び歌いつつ御前に来たれ」の続編ともいえる本で、2007年5月1日に出版されました。
**1章には佐藤一枝姉が作った賛美の詞や聖書カンタータの詞が掲載されています。作品の背景や土壌となった信仰を伺わせる文章に心打たれます。
**故古山洋右牧師の「私たちが神に対してなし得る最高の奉仕、実はそれは賛美なのです」という言葉が引用されていますが、賛美と祈りが切り 離せないこと、祈りの中から作品が生まれてくることが示されています。
**2章は『日本ウィクリフ聖書翻訳協会』の総主事、永井敏夫牧師との対談。井上義実牧師の書かれた青年宣教の現状と展望が掲載されています。
**3章は日本クリスチャン・ペンクラブの理事長池田勇人師の詩。中年伝道合唱団「ディープリバーズ」の高松明氏の証。
**4章は佐藤姉が『千葉英和高校』で創立者中田羽後師のことを語られたことなど。
**5章は佐藤姉の短歌と証がさわやかな文章で綴られており、心温まる内容です。

*******全国のキリスト教書店で好評発売中
******いのちのことば社ホームページからも購入できます。



BACK





*海からの手紙




******著者名*****長谷川 和子 
******挿し絵******篠原 由佳梨
******出版先******新風舎
******定価*******\1396(税込) 

**********************内容紹介


**JCP児童文学の集いで生まれた長谷川和子さんの童話が絵本になりました。
**小学生のいじめをテーマに書かれた作品です。(小学校中学年から)
**声が低いことでいじめられているよしこは、誰とも口をきかなくなってしまいます。そんなとき、学校帰りに行った海辺で、あるおじさんに出会い、勇気をいただきます。
**おじさんとよしこの心あたたまる交流に神さまの愛が感じられます。
**悩んでいる子供に私たち大人が一声かけることによって、子供の気持ちが癒されるのなら……「愛の一声がけ」をしていただける社会になってほしいという作者の願いがこめられています。
**お父さん、お母さん方にもぜひ読んでもらいたい1冊です。

******新風舎社ホームページから購入できます。



BACK





*病む時も心豊かに



******著者名*****小林 桂子 
******出版先******文芸社
******定価*******\1260(税込) 

**********************内容紹介


**病気を抱えながらボランティア活動をするっておかしいですか?
**時々「何故、自分が大変なのにボランティア活動をするのか?」と聞かれることがある。
**病む人が欲しているのは「頑張れ」とか「必ず良くなるよ」なんて甘い言葉、励ましの言葉でなく、同じ痛みを体験した友の訪れだと思う。共に泣 いてくれた友は、病む人の心に小さな希望の灯を点すことが出来る。病む身をもってボランティア活動をするのは、自分が生かされ生きてきた人生が、社会に向けて試されている時だと思う。

**20代で膠原病と診断、辛くも厳しい闘病の半生を送る著者。四季の移ろいや折々の出来事に対する感懐の間に差し狭まれるように闘病の様子を俳句を混へて記す。
**闘病記にとどまらず生と死を凝視した人生記でもある。
**生への感謝、喜び,生への営みへの感嘆、病を持ってのボランティア。


************************購入方法
*******全国の書店で取り扱っております。
BACK





*童話を愛して


*――創作童話集――




******著者名*****三浦 喜代子 
******出版先******希望の風出版・ベーテルフォト印刷(株)
******定価*******\1000+税 

**********************内容紹介


**目次
  ★ピピとブブとポポの冒険
**★母さんのつくえ
**★マロンとフロンの水くみ
**★鍵屋の息子ルルロ
**★ちこくチルル
**★ミミとホホロの地球旅行
**★ふう子とゆり子の物語
****第一話 消えた雨靴
****第二話 一人でいきたい
****第三話 観覧車に乗る

**ずっと聖書の女性を素材に《聖書小説》を書いてきましたが、折々に書いてきた童話たちが、本にしてと叫んでいるので、そうしてみました。
**これは《聖書童話》といえるでしょう。神さまがくださったもう一つの表現方法だ思って感謝しています。私の願いは、お母さんやお父さん、おば あちゃまやおじいちゃまが読み聞かせてくださることです。もちろん子どもたちが一人で読んでくれたら、これにまさる喜びはありません。
******************************(本文はじめにより)
**A5版で103ページになります。

  お読みになりたい方がありましたら、下記へ御連絡下さい
**電話&FAX 03−3616−8621 
   **郵便振替00120―9―716514
**e―メール bww_kiyoko @yahoo.co.jp

BACK





*後になれば分かるようになる




******著者名*****東畑 忍 
******発売元******伝道文書販売センター
******定価*******\1050(税込) 

**********************内容紹介


**「神様は何故私を苦しめるのでしょうか」
**1971年、友人の導きで筆者が難病の婦人に初めて出会ったときに、そう問われた。病状の苛酷さに呆然としていて、すぐに答えられず、後に彼女をかえって悲しませる答えしか見出せなかった。筆者はへりくだって回心の祈りをなし、「キリストの力にすがりましょう」と婦人に語った。
**筆者は毎日彼女を見舞い、祈り、動かない腕のリハビリし、励まし続けた。病状は殆ど変わらない。彼女の嘆きは増すばかりだ。筆者は彼女の悩みを自分のこととして考え、あきらめずに祈り続けた。神からみ言葉が与えられる。そのみ言葉が生きて働く。確信が強まる。婦人の心が少し明るくなる。感謝の祈りを捧げる。讃美が湧いてくる。このようなことが驚くほど根気よく繰り返えされた。婦人の信仰も筆者の信仰も強められた。
**やがて、婦人は信仰によって病を克服し、主にある平安を勝ち取り、心健やかに与えられた生涯を全うした。
**難病を患った姉妹との出会いに、神がどのようにお働きくださったかを綴った証言である。是非お読みください。
       ****************************(小川 惠子・記)

************************購入連絡先
*******全国の書店、キリスト教系書店で申し込んで下さい。
*******または、伝道文書販売センター Tel・Fax 049-296-3143

           
BACK





*ときには急いで*ときにはゆっくり




******著者名*****川上 与志夫
******発売元******アートヴィレッジ
******定価*******\1500(プラス税) 

**********************内容紹介


**よく知られた言葉から、人生のオモテとウラを探ってみたいと思います。そうすれば、明日への糧が見出されるのではないでしょうか。ひねくれた斜視的観察と思考からも、何か貴重な示唆が与えられるはずです。
**ことわざ・格言・名句には、歴史を乗り越えてきたいのちがあります。
**読者の皆さんも困難や悲しみに出会うことがあるでしょう。そんなとき、これらのことわざや名句は弱った心を鼓舞し、勇気とやる気を喚起してくれるものと確信します。(本文はじめにより)

**A5判263ページ 2009年6月30日発行

BACK





*山に向かいて




******著者名*****長谷川 和子
******発売元******文芸社
******定価*******\1050(税込み) 

**********************内容紹介


**父の酒乱で家庭内には平穏はなかった。
**そのような日々の中で母を助け、必死で生きてきた少女は、次々とおそってくる病(15回以上の手術と8回の入院)にも耐えねばならなかった。
**そして、たどりついたのはキリストの愛、安らぎであった。
**その後も数々の試練に出会うが、神に祈りつつ乗りこえてきた。
**クリスチャンに至るまでの道程。子育て、家族愛、仕事への情熱等々……。
**ひとりの女性が生きてきた感動の証し書である。
**「キリストを知らない人々がこの本をキッカケに教会へと導かれたなら……。」
と、著者の強い願いがこめられている。

**A5判113ページ 2009年7月15日発行


BACK





*しあわせの居場所

*いい顔 いい夢 いい祈り




******著者名*****川上 与志夫
******発売元******アートヴィレッジ
******定価*******\1200(プラス税) 

**********************内容紹介


**居場所がなくて、苦しんでいる人。
**居場所がギクシャクして、悩んでいる人。
**幸せな居場所から、幸せを周りの人たちに飛ばしたい人。

**あなたがほんの少しでも、今より幸せになってくれたなら……。
**そしてさらに、本当の「仕合せ者」になってくれたなら……。
**これが筆者の願いです。祈りです。   (本文はじめにより)


**A5判238ページ 2006年4月20日発行

BACK